FC2ブログ

イギリス、アンティークな暮らし。

15世紀に中世の廃船を利用して建てられたという”Old Court”に暮らしてから、以前にも増して古いモノに愛情を感じるようになりました。 イギリス在留19年のアンティークディーラーの日々の暮らしのアレコレ。商品の買い付けや愛用のアンティーク、お気に入りのお出かけスポットや観光地、料理のレシピ等々・・
MENU
お気に入りのお出かけスポットや観光地

イギリスの上流階級を疑似体験♬

sP1330579_c.jpg

写真は我が家から車で30分くらいのところにある、一般に公開をしている18世紀に建てられたお屋敷の入口です。
当時の衣装に身を包んだスタッフ(ディズニーランドでいうところの”キャスト”でしょうか?)に迎えられ、気分はすっかり優雅なマダ~ム💕
お屋敷の中にはバトラーやメイドに扮したスタッフもいて、イギリスの上流階級の世界にどっぷり浸れます♬

さて、ここ「アッチンガム・パーク」はお屋敷も素晴らしいのですが、特筆すべきは鹿が放し飼いにされている広大なお庭。
野性風味の美しい鹿の群れを間近で見ることができるので、カメラをぜひお忘れなきよう♬

sP1320301.jpg

sP1330593_c.jpg

sP1330599_c.jpg

ところで・・・
この建物は”ナショナルトラスト”という保護団体によって管理されています。

ナショナルトラストは1895年に歴史的建造物の保護を目的として3人のイギリス人によって設立された非営利団体で正式名称を「歴史的名所と自然的景勝地の為のナショナルトラスト(The National Trust for Places of Historic Interestor National Beauty)」といいます。
(トラストは入手したプロパティーを保護管理するだけでなく、一般に広く公開しています)

1907年に成立されたナショナルトラスト法によって国はトラストに様々な特権を与えているのですが、その中のひとつに「非課税」があります。
これはナショナルトラストに寄贈された保存対象物件の相続税を免除する・・というものなのですが(ここまではフツーです)、凄いのは寄贈者の子孫が引き続き代々そこに住み続けることが出来るということ。
寄贈してしまったのですから、たとえ代が変わっても相続税は全くかかりません。
多少不便があるとはいえ(一定部分の公開を義務付けらます)、未来永劫相続税の心配も修繕費用の心配も無用だなんてまさにアンビリバボー!

歴史的に価値のある建物を次世代につなぐこの素敵な運動には年会費£69で誰でも参加可能で、会員になるとナショナルトラストが管理する建物や庭園に無料で入場することが出来ます(楽しみながら保護運動に協力ができます♪)。

ちなみにピーターラビットの作者ビアトリクスポターが暮らした家を含む湖水地方の美しい景観もナショナルトラストが管理をしています。


Attingham Park
Atcham, Shrewsbury, Shropshire, SY4 4TP
入場料(会員は無料です) 
大人:£12.20
子供:£ 6.10


ちょっぴりディープなイギリスの話

ピーターラビットのビアトリクスポターとビートルズのジョンレノン、イギリス元首相のウィンストン・チャーチルの共通点とは?

見渡す限り自分の土地ってどんな気分なのでしょう?

ナショナルトラストが管理するマナーハウス、アッティンガム・パークに行ってきました。
庭の中に「川」や「鹿公園」があるほど広大な土地ゆえ、走っても走ってもなかなか建物が見えてきません。
見えるのは庭で放し飼いにされているウシだけです(笑)。

さてさて・・
見渡す限り自分の土地・・とお書きしましたがナショナルトラストに管理されているということは正確には「自分の土地」ではないです。
たとえそこに住んでいたとしても・・。

ナショナルトラストは1895年に歴史的建造物の保護を目的として3人のイギリス人によって設立された非営利団体で正式名称を「歴史的名所と自然的景勝地の為のナショナルトラスト(The National Trust for Places of Historic Interestor National Beauty)」といいます。
(トラストは入手したプロパティーを保護管理するだけでなく、一般に広く公開しています)

さて・・
1907年に成立されたナショナルトラスト法によって国はトラストに様々な特権を与えているのですが、その中のひとつに「非課税」があります。
しかしこの「非課税」、ちょっとやそっとの非課税ではございませんデス!
これはナショナルトラストに寄贈された保存対象物件の相続税を免除する・・というものなのですが(ここまではフツーです)、凄いのは寄贈者の子孫が引き続き代々そこに住み続けることが出来るということ。

モチロン寄贈してしまったのですから、たとえ代が変わっても相続税は 全く かかりません。
多少不便があるとはいえ(一定部分の公開を義務付けらます)、未来永劫相続税の心配も修繕費用の心配も無用だなんてまさにアンビリバボー、凄過ぎ!です。
お掃除の方もガーデナーさんも手配して頂けるに違いありません。

ぜひ我が家もナショナルトラストに寄贈をしなくてはですぅ~ にかー!
(・・って何を???)


sR0015814.jpg

建物の入り口付近に突如現れた謎の大型テントの正体は・・?


sR0015811.jpg

この季節のお約束(?)クリスマスショップでした~(ココのはかな~り地味ですが・・)。

💡
ナショナルトラストの保護保存にはトーゼン条件があり、どんなモノでも・・というワケにはいかないようです(笑)。
ウィキペディアによると・・
自然や街並みや歴史的建造物など、「国民の(あるいは世界の)財産として次世代へ引き継ぎたいけれど所有権や法的・経済的な問題により維持が困難なもの」を守りこれを次世代に引き継いでいくこと。
・・とあります。

ナショナルトラストが保護保存している日本人にも馴染みのあるもの
●ピーターラビットの作者ビアトリクス・ポターが暮らしたヒルトップの家と湖水地方の土地
ウィンストン・チャーチルが住んでいた家
●ビートルズのジョンレノンが育った家ポールマッカートニーが育った家  


ちょっぴりディープなイギリスの話

ナショナルトラストの会員権

!!!←驚いているHちゃん( イギリス人)

少し早かったのですが、Hちゃんにバースデープレゼントをわたしました。
いつもアレコレ詰め込んで、まるで名古屋の(結婚式の)引き出物のようになってしまうHちゃんへのバースデープレゼントですが、今年は一味違います~


「おめでとう!」の言葉と一緒にわたしたのは、“包装紙で包んでリポンをかけたA4サイズの紙一枚”。
ぺらぺらです。
訝しげな表情で包みを開け始めるHちゃん。
(よしよし・・、思惑通り)

彼女の表情が「訝しげ」「驚き」に変わるまでの短い時間、私はいたずらをしかけた子供のように彼女の表情の変化を見守ります。
この瞬間がプレゼントを贈る醍醐味なのです~(笑)。



プレゼントですが・・
直前まで悩みに悩んで、「ナショナルトラストの会員権」をプレゼントする事にしました。
今回プレゼントしたのは、同じ住所に住む大人2人が利用できる「ジョイント」というカードです。
Hちゃん、そして彼女のパートナーのJさんの分です。
(Hちゃんの子供達は2人とも5歳未満なので無料なのです)
このカードがあれば家族4人一年間、ナショナルトラストで管理している場所へ無料で入場することができます。


ナショナルトラストは、歴史的建築物の保護を目的としてイギリスで設立されたボランティア団体で、なんとイギリス国民の20人に1人がナショナルトラストの会員なのだそうです。
オットと私も5年前から会員です(イギリス国民ではありませんが・・(笑))。

会員のメリットは、ナショナルトラストで管理しているお城やマナーハウスなどの歴史的建造物(約300)やガーデン(約200)にいつでも気軽に行けることです。
(会員なら)お昼にピクニックだけしに行く・・などという贅沢な使い方も可能です(笑)。
非会員は入場料が必要なので(£10以上かかるところも少なくありません)、短い時間での利用は(勿体無くて)できないかもです・・。


さて・・
ナショナルトラストの会員権ですが、申し込みから発行までには少し(かなり?)時間がかかります。
その間は仮のカードを携帯することになるのです。
今回はインターネットで申し込んだので、仮のカードは我が家のプリンターで印刷しました。


う~ん・・
このペラペラのカード、本当に使えるのでしょうか?



sR0011910.jpg

ナショナルトラストのホームページは こちら


※旅行者向けに「7日パス」「14日パス」もあるので、興味のある方はHPをご覧下さいマセ。


該当の記事は見つかりませんでした。